記事内検索
記事一覧

電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活

私達の生活に電気は欠かせません。
電気はエネルギーを電力に変換すること、つまり発電することによって生み出されます。
その方法には火力発電、原子力発電、風力発電、水力発電など、また太陽の力を使った発電もあります。
現在、日本の電力のおよそ70%は火力発電によって作られています。
火力発電は石油、石炭、天然ガスを材料としています。
石油は資源が限られており、値段も世界情勢の影響を受けて高くなりやすいです。
石炭は石油よりコストが低いですが燃焼時に二酸化炭素を排出しやすいのがデメリットです。
ガス火力は石油と石炭の間の値段で二酸化炭素を排出しにくいメリットがあります。
火力発電ではこれらの資源を組み合わせて発電を行っています。
しかし資源に限りがあり、二酸化炭素を発生しやすいのがデメリットです。
原子力発電はコストが安く世界中で広く利用されている発電方法です。
しかし放射性物質による人体への健康上の影響や放射性廃棄物の処分の問題など、安全面での対策が必要になってきます。
水力発電は高い所と低い所の落差を利用して水の流れで発電する方法です。
山間部に発電所を作り、水路やダムを使って発電します。
そのほか、新エネルギー発電として近年注目されているのが風力発電、太陽光発電などです。
これらは今までの主な発電のように地球上の資源エネルギーを材料にするのではなく、風や太陽光といった自然のエネルギーを利用する点が特徴です。
風力発電は風車を設置し、風車が回る時に生み出されるエネルギーを電力にする方法です。
二酸化炭素を排出しないのでクリーンです。
一方、風が弱い日には発電できないなど気象に影響されるのがデメリットでもあります。
太陽光発電は太陽電池パネルを建物の屋根に設置し、太陽光を当てることで発電させる方法です。
二酸化炭素を排出しないのでクリーンです。
一方、設置時に費用がかかったり、天気が悪いと発電がおこなわれないなど気象に影響されるなどのデメリットもあります。
新エネルギーによる発電は発電量が不安定ですが枯渇の心配がないエネルギーを利用しており、二酸化炭素を排出しないクリーンさから利用が推進され、より効率良く発電できるように研究開発が進められているところです。
太陽光発電は個人でも家庭で行うことのできる、メリットの多い発電方法です。
上手に活用してより多くのメリットを得られるように、太陽光発電について情報を収集してみましょう。
Copyright (C)2016 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.